2019.08.14 Wednesday 07:55

台風とアロマ

直撃となりそうな台風。

大きな被害がないよう備えたいですね。

 

 

頭痛やめまい、だるさや気分の落ち込みetc

天気が崩れると一緒に体調も崩れるという人は少なくありません。

海外ではこういった症状を「気象病」と呼ぶそうです。

 

気圧の変化による耳(内耳)の不調が関係しているとみられ、めまいや自律神経を整えるお薬のほかマッサージ等で改善されることが多いとのこと。

 

 

自分でできるケアとしては…

 

耳周りや鼓膜の奥の内耳を刺激するマッサージとして、耳をつまんで上下左右に引っ張ったり、くるくる回したり

 

耳の緊張をほぐすため、こめかみ・頬の横のあたりの噛み合わせ・耳たぶの後ろの顎関節のあたりを指圧するのも効果的。

 

身体をゆっくりと伸ばしたり手浴などもいいようです。

 

手浴

 

 

自律神経を整えるのは、アロマやハーブの得意分野…

 

リラックスハーブの代表ジャーマンカモミールやリンデンのお茶を飲んだり、香りでは副交感神経を優位にする作用が認められているラベンダーやバランスの手助けにベルガモットなどもおすすめです。

 

 

ヒノキ精油

 

気象病は台風にかかわらず、季節の変わりや寒暖差、日照時間によってストレスなども関係している不調。

病名がつくと安心が得られ具体的な対処の仕方が分かるという部分もありますが、まず運動不足や食生活、日常の生活習慣など全体をみて偏っていないかバランスをみるのも大切かなと思います。

 

私自身もなのですが、分かっていても…^^;

でも、思い出したときに振り返り、気づいたらその時だけでも見直すことも小さな一歩。

そう思っています。

8月も後半、心も体もご機嫌に過ごしましょう!

 

 

 

 

=現在募集中のOpen講座=

41回アロマテラピー検定受験講座 

詳細はこちら→ ☆☆

 

 

 

※身体や心の不調には、大きな病気がかくれていることも。お医者さんにかかるという選択もお忘れなく。


 

じめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookはこちら→ 

HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2019.07.23 Tuesday 22:03

バニラ

少し前に「バニラの香りを嗅ぐとリラックスする」という実験結果が新聞に掲載されていましたね。

香りが心や体に作用するというのはよく知られていますが、それを証明するための実験には様々な方法があります。

 

この実験では、熱を持ったプレートにバニラの匂いを嗅いだマウスと嗅いでないマウスを乗せ

「 あちっ 」と足(手)をあげるまでの時間を比較計測したそうです。

 

ほかに「ローズの香りはやる気が出る」という実験では、尻尾を固定し「放して〜」と動く活動量を比較。

 

学習能力を比べるのには迷路で餌をさがし、緊張度合いを調べるのに高い平均台で怖いもの知らずですいすい歩くかどうかetc。

 

かなり減ってきているとはいえ、簡単な予測をして同じ環境で何度も実験して検証するのには、ありがたい存在だそうです。

 

 

「少彦名神社」

 医薬の神様が祀られている

 

 

花岡青洲がチョウセンアサガオから麻酔薬を開発するためには家族の協力がありました。

柳の小枝を噛んで歯の痛みを抑えていたころから、鎮痛作用をもつ結晶を取り出し1899年にアスピリンという薬になるまで約60年。

 

できるだけ時間をかけずにかつ安全に人のもとに届くように機器や研究方法も進化しているようですが、これまで多くの人の大変なご苦労と努力のうえ、現在があるのだと思うと感謝しなければ。

夏風邪で声の変わった母から、薬を飲んでずいぶん楽になった話を聞いてシンクロした今日でした。

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2019.07.22 Monday 08:16

ガスバーナーと幽霊

クリームブリュレが流行ったとき、友人が持っている料理用ガスバーナーを使わせてもらったことがあります。

「ライターとおんなじよー」というけれど、初めて使う側としては火が出るとかガスだとか、怖い。

でも、説明してもらって、やり方を見せてもらって使ってみたら、簡単便利でどんどん焦げ目をつけて楽しみました。

忘れてましたが、今年の夏はまたこれで何かを炙ってみたいと思います。

 

 

 

さて、ホルモンの話をしたらメールをいただきました。妊娠中や授乳期のアロマやハーブについて。

経験からはアロマやハーブは上手に使って頑張り時を乗り越えるのに頼りになるもの。

気になるならチェックしてみる価値は十分あると思います。

 

気をつけておきたいことですが、ハーブについては普段飲むお茶の濃さで飲む場合、長期継続してのまなければこれまで問題になった事例は報告されていません。

因果関係を問うのはとても難しいのですが、海外で一部ハーブのサプリの長期服用で健康被害が報告された事例はあります。

精油について、妊娠中や授乳期に使うことに気を配らないといけないのは、子宮収縮作用のある成分や授乳を通しての乳児への影響が懸念されるからです。そのため妊娠初期のボディートリートメントなど体に触れるアロマケアはおすすめされていません。またそれ以降もかかりつけのドクターに相談する、医療連携のあるセラピストさんを選ぶなど専門の知識のある人にお任せするのが安心です。

カロリーを控えたりノンカフェインの飲みものとしてそれまでの飲み物をハーブティーに変える、部屋に香りを香らせるなどで、取り入れるといいのではないでしょうか。

 

心身ともにデリケートな時期。アロマやハーブ以外でも、それまでの日常の生活では問題でなかったものも、気にかかったり身体が反応しやすくなりがちです。

妊娠授乳期の困りごとの解消は、今とても充実してきています。何事もマイナス面が気になるならわざわざ選ぶ必要はありません。

 

 

知らないことは怖く感じるものです。

冒頭のガスバーナー体験は個人的ですが、一般的だと時期的に「幽霊」なんかはどうでしょう。

「幽霊」は、得体がしれないから怖いのでしょう。

子供は夏休みにお寺で体験する小坊主さん修行などで、幽霊が何なのかをお坊さんに聞かせてもらうと怖くなくなるのだそうです。

精油を使うのに困ったり、悩んだりこわいと感じるのなら、お医者さまや精油の専門家に聞いてみると安心できると思います。

「知らないから怖い」いろんなものに共通しますね。

 

 

 

甘いアルコールのような樹液の匂いのする道

カブトムシの季節が来たようです。

 

 

 

 

 

  • - | - |

2019.07.21 Sunday 08:01

BBQ

BBQシーズン、キャベツ、コーンとかピーマンとか…しいたけは外せない。

お肉は最近大きな塊肉を焼いて、ローストビーフみたいにして食べるのが流行りだとか。hee〜

今度のBBQ大会のお肉の種類にホルモンのリクエストがあったので、、、

 

ホルモンの話

 

種類が多いセージのなかでも、アロマテラピーでも女性と関係深い香りがクラリセージ

更年期やPMSにも重宝されます。

 

女性ホルモンに似た働き(ホルモン様作用)を持つからなのですが、この働きを持つものは他にも。

人由来、人の身体(脳やすい臓、腎臓、骨髄や生殖器etc)からでるホルモンは100種類以上

血糖値にかかわるインスリンやグルカゴン

女性に関係の深いエストロゲンやプロゲステロン

男性に関係の深いアンドロゲンやアンゲステロン

テンションに関わるアドレナリンやノルアドレナリン

食欲に関するレプチンなどなど

 

ホルモンはごく少量で人の身体に作用しバランスをとっているため、外から似た刺激を与える場合はやっぱり慎重にならないといけません。

 

アロマテラピーの働きでよくあげられるリラックスやリフレッシュも、このホルモンに作用しています。

また、免疫に関しては副甲状腺ホルモンが上位になった状態で免疫器官が機能しやすいことから、免疫アップが期待されます。

 

香りが全身に作用することは知られていますが、ホルモンの話をすると具体的でよくわかっていただけます。

BBQで香りのはなしをするつもりはありませんが、夏のBBQにはレモンがおすすめ。

 

ソロキャンプもいいけれど、数人あつまって行ったことのない場所ややったことのない遊びは楽しみ。

初心者ばかりで大丈夫なん?ってわくわくする不安しかないけど、大きなお肉のBBQ

 

楽しんできます♪

 

 

レモン

 

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2019.01.04 Friday 08:58

仕事始め

3日の火球騒ぎから、これはきっと期待できると、未明からしぶんぎ流星群の観測をして、今年も本日より仕事はじめです。

 

昔勤めていた時の上司は「体調管理も仕事のうちっ!!」というのが口癖。

おかげで、風邪は金曜の夜にひいて月曜の朝に治すという技を会得しておりました。

今では叱ってくれる上司がいないので、自分の体と相談しながら、甘やかしたり頑張ってもらったりしていますが、[チームで仕事をすること][人と接すること]で、まず自分の体のコンディションを整えておくという基本を、厳しく教えてくれた上司には今も感謝しています。

 

 

 

休日明け、とんでもない気合が必要なわけではないけど、なんとなく気分が乗りにくいという時は、香りをつかってみるのもおすすめ。

さわやかで、親しみやすい香りのレモンや、すっと胸を通るラヴィンツァラがお役に立てそうです。

 

ラヴィンツァラは、免疫を刺激したりウイルスや眠りの波にも対応する、守備範囲が広い便利な精油のひとつ。

 

レモンは、なんといっても馴染み深い香りで、精油でなくとも果実でその香りを楽しめます。

爪できゅっと傷をいれたり、ナイフで皮に切り目をいれると香りがひろがります。

切ったレモンをホットレモネードにすると、体もあたたまり一石二鳥

 

 

 

毎日の仕事や、あらたな経験や体験を積むのはしっかりとした土台があってこそ。

今年も、皆様が健康でいられるよう、役立つ植物のあれこれをお届けしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

お屠蘇

お正月にいただいた、お屠蘇はスパイスの利いたお味。

 

 

 

 

 

病は気からというけれど、度を超す気合&根性論は今どきナンセンス。

自分の力ではどうしようもないこともあります。無理は禁物。

感染してしまう病気だったり、長引く不調の場合には大きな病気が隠れていることもあります。

病院に行くという選択肢も忘れないでいたいですね。

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookページはこちら→ 

HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2018.07.29 Sunday 01:13

アオバズク

今年になって初めて知ったのですが、近所の森はアオバズクの写真スポットだそうです。

 

と、すんなりアオバズクと書きましたが、この名前を聞いたのも実は初めてで^^;

 

フクロウの仲間で、漢字だと「青葉木菟」

青葉の頃4,5月ころにやってきて子育てし、7月には巣立ち東南アジアなどで越冬する鳥

 

カメラをセッティングしてる方に、通りすがりの方が話かけているのに便乗して教えていただきました。

 

アオバズクカメラ

 

毎年 やってくるのを楽しみしている方が多いようですが、お天気や姿を見せてくれない日もあって、根気が要るとのこと。

 

先日はアップの姿を撮ったカメラの画面を撮らせていただきました。

 

 

よく知るフクロウのように、耳のようなのはありません。

 

 

 

 

 

巣を作っているのは、クスノキ

 

木部や枝葉からは防虫剤でおなじみの樟脳が摂れます。

葉からとった香り(ホーリーフ)はすっきりした中にも少し柔らかさがある香りで、室内芳香にも好まれる香りです。

クスノキ科のアロマに多いすっきりのもとは、カンファー。

クスノキ自体が英語で camphor tree camphorwood と呼ばれ、カンフル剤のカンフルはここからきているのだそう。

 

大らかな樹形で巨樹になる木も多くご神木にされていることも多いようですが、すっきりと身が引き締まるような気持ちにさせてくれる香りも一役かっているのかも。

 

 

 

 

 

「暮らしに寄り添うハーブを学ぶ」講座

 2018年11月まで毎月テーマを変えて開催します。

 詳細はこちら⇒ ☆☆☆

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2018.07.06 Friday 00:33

七夕

もうすぐ七夕

有名なひこ星はわし座のアルタイル、織り姫星はこと座のベガ。

天の川をはさむこの二つの星の距離は15光年。

ひこ星が光のサインを送っても、織り姫に届くのは15年後だそうです。

随分かかるように感じますが、太陽くらいの大きさの星だと寿命は約100億年らしいので、そうでもないのかもしれませんね。

 

七夕

 

香りが脳に伝わる速さは、約0.2秒。

痛みが伝わる速さは、約0.9秒。

 

この差は、人の本能に深く関係しています。

 

五感は、電気信号として脳に伝わり、そこで判断が下されますが、

視覚や聴覚などの電気信号が、最初に向かうのは知性に関わる「大脳新皮質」

一方、嗅覚の電気信号が、最初に向かうのは、快・不快など本能に関わる「大脳辺縁系」

 

「五感のうち、嗅覚のみがダイレクトに本能の脳に伝わる」

 

この経路の違いが嗅覚のもつ大きな特徴です。

これは、生きていくために必要な敵や食物の匂いの情報を、いち早く処理する必要があるからだと言われています。

 

今は生きていくための情報は、香り以外のもので判断されることがほとんどですが、香りは記憶とも関わりが深く、私は樟脳の匂いを嗅ぐと入学式の時の着物姿の母を思い出します。

笹の乾いた香りを嗅いで、願い事を書いた頃を思い出す方もいらっしゃるでしょうか。

懐かしく穏やかな気持ちにさせてくれる記憶、色々な記憶、それも生きていくために必要な情報のひとつなのかもしれませんね。

 

 

 

 

  • - | - |

2018.03.26 Monday 21:00

春は駆け足というけれど、今年は寒い冬からのジェットスタートの春ですね。

もう桜の季節ですが、春のはじまりの花「梅」に注目します。

 

というのも、おじさんも知ってる、いやおじいちゃんも知ってるかもの、世界的に有名なの文字が重なったロゴでおなじみのブランドが出してるコスメがちょっとおもしろいので。

 

普段はあまり興味のない分野ですが、あまりに何度も広告が流れるので

ちょっとのぞいてみてびっくり。

 

ホワイトニングシリーズに今春 追加された商品に

徳島で契約栽培された梅 が使われているんだそうです。

 

 

説明では

 

*1 ウメ花エキス(保湿成分)専用の畑で栽培された最上級の梅から、独自の特別な方法で抽出。
*2 ウメ花エキス、スクワラン(エモリエント成分)。
*3 メドウフォーム油、ホホバ油(エモリエント成分)。
*4 メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。
*5 ウメ花エキス、スクワラン(エモリエント成分)。

 

梅の花の成分を(アンフルラージュ(冷浸法)からヒントを得て、花弁をオイルに浸して抽出…)とあります。

インフューズドオイルなら試せなくはないですよね。

美白に関しては、ブランド独自の成分「TXC」というのがメインのようですので、香りも含めて、楽しんでみるのもよいかもしれません。

 

 

梅の花

 

 

 

 

現在参加お申込み中 Open講座

 

「ハーブで作る琥珀糖」

詳細はこちら→→☆★☆←クリック

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメひさディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2017.09.12 Tuesday 18:06

雨のにおい

早朝の雨音で目覚めました。

 

時々”雨のにおい”という言葉を耳にします。

学校のグラウンドの色を変える雨のにおい

山道でふいに降る雨のにおい

 

この匂い、ちゃんと名前があるそうです。

 

雨の降りはじめのにおいは

「ペトリコール(Petrichor)」

 

ギリシャ語の岩(ペトラ)と神様の血潮(イコル)に由来し、石のエッセンスという意味らしいです。hee〜

土の中の油分が揮発した香り。

 

 

雨が降った後のにおいは

「ジオスミン(geosmin)」

 

大地(ジオ)と匂い(スメル)の合わさった言葉。

土のなかの細菌の香り。

 

雨水と一緒に蒸発たり、地表に出てきたりしたものが私たちの嗅覚に届き、あの”雨のにおい”になります。

 

実際はこれらが混ざったうえ、植物の香りやコンクリートなど人工物の香りも一緒になり、ひとそれぞれで感じ方も違うかもしれません。が、なにより 誰もがちょっと気になるこの香りの正体を探った人がいる。ということが何だか素敵だなと思えます。

 

雨上がり

 

長く咲いてるジャスミンももう終わり。

落ちた花はピンク色に変化する。

自然は不思議だらけ。

 

 

 

 

( 9/13 追記 以下の講座はお申込み終了いたしました。  )

 

***おしらせ*** 

 

「暮らしに寄り添うハーブ講座」

 

キャンセル待ち→満席から再び1席空きました。

 

ピクルス作り(おひとり1瓶持ち帰り)と試食とプラス1品。

季節のハーブティー付きの会です。

 

ご一緒に楽しみませんか?

間際につき、メールFBメッセンジャーにてお申し込み受付しております。

 

詳しくはこちら→クリック☆

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします

 

 

 

  • - | - |

2017.06.24 Saturday 23:29

部屋干し対策

梅雨らしくなって来ましたね。

お庭の水やりからは解放されるかも知れないけれど、今度はお洗濯が悩ましいのでは?


梅雨に限らず、洗濯物は乾くのに時期がかかったり、たんぱく質・皮脂、洗剤残りで菌が繁殖することで臭いがするのだそう。

洗剤も色んな種類が出ていますが、抗菌作用のある精油を使ってすっきり爽やかに仕上げてみませんか?



<洗濯にオススメの精油>


ティートゥリー 抗菌・抗真菌・殺菌作用
タイム 抗菌・抗真菌・殺菌・殺真菌作用
ミント 抗菌・抗真菌作用
ラベンダ− 抗菌・抗真菌・殺菌作用

レモン 抗菌作用

 

 

甘い香りが苦手な方にも好まれる、どれもすっきりした香りです。

使い方をいくつかご紹介しますね。



 その1  洗濯の仕上げに

 

すすぎの時に、数滴垂らして。
特にスポーツのユニホームなどにありがちなナイロン素材につく、汗や皮脂汚れや残る臭いは、ティートゥリーで一撃です。



 その2  干した物にシュシュっとスプレー
 

Recipe

 リネンスプレー(50ml)

 

    エタノール 10ml 

  お好みの精油10-15滴

  よく混ぜた後

  精製水40ml  をスプレー容器に入れ、さらに良く混ぜ出来あがり♪

使う度によく混ぜて。

2週間程度を目安に使い切り。
吹き過ぎると乾きが遅れ、本末転倒になるのでご注意を(^_-)-☆

 

 

 その3  精油を使って ふんわり&すっきり


Recipe
 ナチュラル柔軟仕上げ

グリセリン 大さじ2
クエン酸 大さじ2
お好みの精油 15〜20滴
水 170ml 

 

蓋のついたガラス瓶などに入れ、よく混ぜて出来上がり。
1回あたり大さじ2杯(30ml)を目安に、柔軟剤投入口に入れて。
精油はドラッグストアにあるハッカ油でも。

 


 おまけ。  香らない柔軟剤

穀物酢もしくはクエン酸をすすぎの仕上げに。

 

香料の香りは苦手、小さいお子様の肌へ柔軟剤は心配

そんな方は、市販のものを使わず洗濯ものをふんわり仕上げられます。

乾くとお酢の香りはなくなるのでご心配なく。

 

 


抗菌作用のある精油は、気分をシャキッきとさせてくれるものが多いのもの特徴。
どんよりした気分も洗濯物と一緒に、アロマですっきり爽やかになりますように。

 

 

Melaleuca

ティートゥリーの花 Melaleuca alternifolia

 

 

 

 

受講者募集中

「暮らしに寄り添うハーブ講座」in 坂出

 

詳細はこちら ☆ ←クリック

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブのを教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  

 

  • - | - |

<<new | 1 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.