2019.01.30 Wednesday 22:50

ステップアップ

県内11校が農・工・商の学科を越え、それぞれの専門性を生かしながら行っている6次産業化プロデュース事業。

今年度の成果発表会がありました。

 

 

 

先輩から引き継がれ、それぞれが取り組んでいる事業は年々ステップアップしています。

 

 

失敗や試行錯誤を繰り返し工夫して感じた手ごたえや、協同で得た楽しみや発見の詰まった発表は継続することでみえてきた、まさに成果の現れ。

 

霙のあとの肺が痛くなるような冷たい空気であっても、思い切り吸い込みたいほど清々しく、ガクブル ((((;゚Д゚))))だった なんてちっとも感じさせないとても立派な姿でした。 

 

平成27年度からはじまったこの事業。年号を跨ぐことになりそうです。

課題クリアのステップを一緒に上がれる機会に心から感謝しつつ、身が引き締まる思いとはこのこと。

 

 

ありがとうございました<( _ _)>

の言葉により一層責任と楽しみを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何気に蕾を気に掛ける生徒さんの様子に、これまたぐっと。

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2018.12.18 Tuesday 09:40

合同授業

6次事業の合同授業がありました。

 

今回は精油の活用の幅について実習ふたつ

 

ひとつめの実習は担当となった工業高校ならではの、金属にも対応する型作り。

 

金属を流し込むとなると、金型しか思い浮かばなかったのですが、3D技術も含め可能性が膨らむ内容でした。

 

まだまだ課題はありますが、回を重ねるほどに面白いです。

 

 

 

 

取り組みも途中ですが新聞社も取材に来てくださり、デジタル版とあわせ掲載いただきました。

おばあちゃんからの「新聞みたよ」の言葉は、生徒さんの励みになります。私にとっても。

 

 

 

 

  • - | - |

2018.12.05 Wednesday 23:30

広島

12月という暦を見間違えかと思うほど暖かい日。

林業研究グループの発表会があり、グループの皆さんと中四国ブロックの徳島県代表として行ってきました。

 

林研

 

当日は8県の代表グループの発表があり、林業という大きなくくりのなかで取り組まれているそれぞれの活動は、地元資源を生かした旧産業の復活や新しい技術による生産試験について、地域の新しいコミュニティー作りよる人材育成や技術継承と安全講習、森林再生計画から実益を得るための取り組みと多岐にわたり、どれもとても興味深いものばかりでした。

 

林研

 

新しい技術についての発表や試みはあったけれど、共通しているのは、林業、山、木に携わる人の減少や高齢化。

各グループの平均年齢もほぼ60歳。

ただ、自分たちの土地や森林資源に対する愛着を、次世代とともに大切に育んでいきたいという熱い思いががひしひしと伝わり、もっとたくさんの人と一緒に聞きたいと思った内容でした。

鳥獣被害と実益確保も、共通の悩みで審査委員の方からも質問が多く、参加者席でもあちこちからやり取りが聞こえてきました。

 

"森林政策 国土計画”と検索してみると、そこでもいきつくところの課題は同じ。

ただ、国土が狭いことは地道な計画や創造が生かしやすいという利点もあるのかもしれないと思いました。単純な比較ではないのかもしれないけれど。

 

発表の後は、林業技術センターの方により早生樹についての講演。

沢山のデータとともにその特徴や利点などから今後の活用について、前向きな展望が示されたこともあり、盛んな質問のやりとりがありました。

協議会代表の「 I love forest!」という力強い挨拶の言葉が、こうした活動を続けていくための何よりの原動力であるということを物語っていると感じました。

 

有難いことに、今大会では1位をいただき次回は中四国ブロック代表として全国大会に!

個人的には見分を広めるにとどまっていますが、発表はもちろんのこと身近な問題に結び付けられるものを得られるよう、他県の取り組みについてもしっかり聞いてきたいと思います。

 

 

 

  • - | - |

2018.11.23 Friday 09:31

次世代がつくる

一昨年より関わらせていただいている、高校生による六次産業化プロデュース事業においてアロマテラピーの講義をさせていただきました。

 

年度が変わり、アロマテラピーにふれるのが初めての生徒さんもいるので、基本や精油の抽出について説明から。

 

実習

 

事前に生徒さんが採取しておいてくれた檜の枝葉を、参加校の皆さん全員でカットし、小型蒸留機により精油抽出の様子を見学。

 

その後、実際に同工程により彼らの先輩が地元資源から自家抽出した精油をベースにした香りサンプル数種を試香し、好まれる香りの絞り込みを行いました。

 

香りサンプル六次

 

好き、爽やか、いい香り、クサい、きつい… 自分の感じた香りを持ってる言葉で表現するのは難しいけれど、試香紙を何度もやりとりし、感想を言い合う時間は一番の盛り上がりだったように思います。

 

皆で香りと向き合い共有した経験は今後にどうつながっていくでしょうか。

次回が楽しみです。

 

 

応接室

 

ぐっと冷え込んだ外の空気と違い、ストーブの暖かな空気とどこか懐かしい香り

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookページはこちら→ 

HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2018.10.04 Thursday 09:08

キノコ調査

雨、地震、台風、今年は本当にいろいろある年ですね。

今週末もまた台風で行事予定も変更ばかり。みなさまお疲れさまです。

 

さて、そんな天気を心配しつつ、キノコについての実地調査に行ってまいりました。

学生さんと、キノコを研究されてる先生と、県民局の方々と雨上がりの道なき山の斜面を、半分すべりながら探索。

 

 

落ち葉と針葉樹の香りのなかに、松茸の香りも期待しつつ。。

(今年は残念でした〜)

 

 

種類が多いうえ見た目が酷似しているキノコは、ほかの植物よりも同定が困難なものが多く、1本で生えていたのかたくさんで生えていたのか、木から生えていたのか地面から生えていたのかなどなど見つけた時の状態も大切だそうです。

 

今年は、量も種類も少なかったのですが先生も図鑑と長々とにらめっこするものや、仏料理の高級食材として扱われるキノコも見つかりました。

 

長時間また急斜面の山歩きも、昼にいただいた8種のきのこがたっぷり入ったきのこ汁でパワーチャージ。

私は午前のみ参加させていただきましたが、午後からは午前の学びを生かして再度別のスポットへ。

 

キノコについてはもちろん、赤松の減少や温暖化の影響など学び多き時間になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

山への道中には、ここのところの雨で折れた枝や落石もあちこちで見られました。

今も大変な状態にある方がいらっしゃると思いながらも、もうどんな災害があったのかがどんどん記憶の後ろになっていってしまいます。続く雨が更なる被害につながることがないよう願っています。

 

  • - | - |

2018.01.29 Monday 12:45

成果報告会

県下の高校生の取り組む、6次産業化プロデュース事業の成果報告会にお招きいただきました。

 

立派な発表はもちろんのこと、自分の生まれた土地を知り探り、形にして発信しようとするまさに”未来を育てる”事業に感動でした。

 

ちょうど周りでセンター試験後の喜悲こもごもの話題が多かったこともあり、教科書では学べないこれらの体験を通した学びの機会は大きな意義あるものだとも。

 

と同時に、それを拾い上げる広く柔軟な目線を持てているか、自らもアンテナを広げ意欲的であり続けているか、貴重な機会をいただくことで、こちらが学ぶべきことが多いことにも気付かされました。

 

今後 後輩のみなさんへと引き継がれ、さらに課題に取り組んでいかれるとのこと。

とても楽しみに注目していきたいと思います。

 

 

成果報告会

 

事業成果の一部は、1月30日の地元テレビ番組「ゴジカル!」で放送されるようです。

ご覧になってみてくださいね♪

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2018.01.20 Saturday 08:41

ひと区切り

1月をはじまりに動いていると、今年は始まったばかりですが、年度の終わりには少し時間があります。

また、暦を大事にされる場合は、節分まではあと少し。

区切りはそれぞれですね。

 

先日、昨年からお手伝いさせていただいていた高校のプロジェクトが一区切りを迎えたました。

授業に行事にと忙しいなか、協力いただきながら共に試行錯誤してきた時間が終わり、ホッとしたのと同時に、淋しい思いも。

 

十分お役に立てたかといえば反省点もあり、あれもこれも振り返るばかり。

ですが、お互い普段とは違った緊張感のなかにも、発見と楽しみを繰り返す時間は貴重であったと感じています。

 

健康に気を付けて…

という言葉など跳ね返すほどの明るさと元気溢れる学生さん方に、つい風邪をひかぬようなどと言いましたが、

いまのまま、よく食べてよく動いてよく寝て良く笑って

そんな言葉のほうがよかったと最後まで反省。

 

私も妖怪のように(笑)皆さんから元気をいただいたので、また次のプロジェクトに生かし頑張りますね。

ありがとうございました!

 

     

三校共同 

 

貴重な機会を下さいました先生方をはじめ、ご協力ご支援またご指導いただきました関係者の皆さまに、心より感謝いたしますとともに御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2017.11.29 Wednesday 18:28

可能性

先月 見上げた時は、まだ黄緑色が残っていたイチョウ。

もう全て黄色になっていました。

紅葉は、最低気温が10℃以下の日が10日程続くと始まることが多いそうです。

自然の中にある温度計や時計のようですね。

 

 

引き続き、学生のみなさんと香りの可能性について話をしてきました。

純粋に香りを楽しみ、疑問をもつ姿勢は毎回 新鮮!

 

できる手伝いをあれこれ模索しつつしたものの

ほんの数種の精油の瓶を、手にしては置きを繰り返す。何度も香りを嗅ぎ、感想を言い合う。

そんな姿からでた、奇をてらうことない「まず楽しむ」という答えに間違いはなさそうです。

そして、そこからはじまることは、一周まわって新しい可能性の芽なのかもしれないということにも気付かされました。

 

今年はもう1回。

スリッパがぬげないよう緊張して歩くリノリウムの感覚と、気持ちのよい挨拶を交わせる日が楽しみでなりません。

 

 

 

いちょう

 

校舎の端のイチョウの大木

風が吹かなくても、はらはらと散る葉は蝶のよう。

 

 

 

 

 

水蒸気蒸留体験とクラフトで一度に楽しい 1day講座

  香りの抽出体験とX'masサシェ作り 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 

 

知識を形に。ハーブの基本を学ぶ連続講座

 検定試験対応 メディカルハーブ講座 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。

 

  • - | - |

2017.10.31 Tuesday 13:43

アンケートから

少し前に高校生を対象に、アロマテラピーについての講習を担当させていただきました。

時間をいっぱいに使って、基本から活用について座学と実習。

最初は緊張していた皆さんも、精油の香りを嗅ぐと一瞬で笑顔になり、早速精油マジック☆

リモネンという香り成分を多く含む柑橘の香りは、気分を明るく緊張をほぐすといわれています。

実習になると積極的に質問も出るようになりました。

 

 

今回 アンケートを書いてもらったのですが、その結果がなるほど〜な結果でしたので一部だけご紹介します。

 

Q 身の回りで好きな香りはどんな香りですか?

  (日用品・食品・自然の香り  カレーのにおい・○○のシャンプーなど いくつでも)

 

回答でもっとも多かったのは

[ 柔軟剤・シャンプー・石鹸・衣類用消臭剤の香り]

と、日用品の香りでした。

 

たしか7,8年前に同じような質問をしたときには、食べ物・花の香りが多かったように思います。

自然の中の香りが少なくなったのか、感じる機会が少なくなったのか

それ以上に 日常につかう日用品の(人工的に付けられた)香りが幅をきかせているということでしょう。

 

感想には、具体的で質問も疑問もあり、興味の高さがうかがえました。

 

香りは、思春期から青年期、壮年期、高齢期までどの年代でも役立てることができます。

これを機に、植物の香りを知り、楽しみ、時に頼りになったと思ってもらえるよう、また、それが授業の成果につながるようしっかりお手伝いさせていただきたいと思います。

 

 

 

きんもくせい

 

好きな香りの回答で、唯一あった花の香り

金木犀

 

 

 

 

 

水蒸気蒸留体験とクラフトで一度に楽しい 1day講座

  香りの抽出体験とX'masサシェ作り 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 

 

知識を形に。ハーブの基本を学ぶ連続講座

 検定試験対応 メディカルハーブ講座 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2017.10.04 Wednesday 00:47

きのこ

小雨が降ったり止んだりのなか、ザクザクとスパイクのついた立派な長靴の高校生と山に体験実習に行ってきました。

 

きのこ狩り

 

色も

 

きのこ1

イグチダケ

 

きのこ2

ムラサキシメジ

 

 

形も 色々。

 

ラッパ茸

ラッパダケ

 

 

きのこ3

ナギナタダケ

 

 

 

繊細で、多様。

 

きのこ4

 

「根、葉、茎」と分かれる植物と違い

菌が作るのその姿は、媚びた感じがなくてどこか自由。

 

きのこ写真家も少なくないというのにも納得がいきます。

 

とかなんとか、きのこに見とれながらも

先生の解説を伺いながら、急斜面を登ったり降りたり。

早朝からの午前の部・学生さんとの午後の部と山を歩きまわり、めったに使わない筋肉を使いました^^;

 

 

実習中の松茸発見を期待しましたが、この時間内では残念

きのこ汁を食べ、収穫したものを並べて調べ、一喜一憂。

先生方の大変さを改めて知り、生徒さんとのたわいのない話に癒された充実の1日でした。

有難うございました。

 

 

 

きのこ5

午前の部で発見した(のを撮影させていただいた)松茸

 

 

 

 

**現在募集中のOPEN講座**

 

 「香りの抽出体験とX'masサシェ作り」

 

 詳細はこちらをクリック → 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

  • - | - |

<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.