2016.02.24 Wednesday 00:44

春にむけて

花精油のローション作りの会では、少し生薬とハーブのおはなしも

ムラサキ
< Lithospermum erythrorhizon >

西洋でも東洋でも、歴史のなかでは交流がなかったと思われる時代でも同じような植物を使っていたり、輸入されてきてもその国なりの進化をとげていたり、、、
いろいろみていくと、今よりも健康にまっすぐ向き合っていたのだなあ。

お茶も少し和漢バージョン。
季節と一緒に動き出した春の身体の解毒を促す、かすかな苦みの肝のハーブ
ほんのり甘い棗をおつけしました。


<なつめの林檎煮>

乾燥ナツメ 
りんご

楊枝などで何か所か穴をあけたナツメは軽く水洗いし、半日ほど水に浸けておく
新しく用意したひたひたの水と林檎(半分はすりおろし、半分はいちょう切り)を入れ
始め強火、そのあと落としぶたをして弱火で水分が少なくなるまで煮る
火をとめてそのまま冷まして出来上がり


林檎の甘みが足りないと感じた時ははちみつをプラスしてもいいかも

 
  • - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.