2018.06.23 Saturday 22:39

トマト

そろそろ夏野菜が多く出回ってきました。

季節のものは惜しみなくどんどん使えるうえ、夏野菜は特に火を通さず食卓にあげることができるのも魅力ですね。

 

そのなかのひとつ、トマト。

トマトに関する研究はたくさんあるようで、どれも面白いのですが特に面白いなと思ったのが

” 警報を出す "という生態。

植物は、香りを出す虫に食べられたときなど、近くに生えている植物に危険がせまっていることを知らせる物質を放出するのですが

トマトがこの物質を出す量は、他の植物を圧倒するほど多いことで有名で、数百メートルも離れた場所の植物にも届くほどなんだそうです。

 

色や形を含め、香りやこうした物質は、植物にとっての一種の言葉で、これらによってコミュニケーションをはかり、身を守り進化をしています。

ひとところで動かず様々な知恵を駆使し、生きる植物にはまだまだ知らないことがありそうです。

 

 

 

トマトと植えると互いに風味を増すといわれるバジル

今年最初に収穫したてだという、上勝産のフレッシュで香りの高いバジルと

長野産のクルミを使って、ジェノベーゼソースを作りました。

ジェノベーゼ

くるみの殻がスプーンで割れるのをはじめて知りました。

ご参加ありがとうございました。

 

 

  • - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.