2017.09.19 Tuesday 15:26

香りをみる体験会

アロマテラピーでは、植物から取り出した香りの液体「精油(エッセンシャルオイル)」をつかいます。

この精油をとり出すには様々な方法がありますが、現在最も多く使われているのが(水蒸気蒸留法)という方法。

 

ふだん植物の中にあって見えない香りが、目に見えるようになるまでの過程は、何度みても興味深く感動的です。

今回の体験会では、蒸留中の時間を利用しX’masオーナメントにもなる香りのサシェを作ります。

抽出されたフローラルウォーターはお持ち帰りいただけます。

 

1滴1滴と出来上がる蒸留水の傍で、香りに包まれながらのサシェ作り、ご一緒しませんか。

お待ちしております。

 

 

 

「香りの抽出体験とX’masサシェ作り」

 

・2017年12月2日(土)13:00-15:00

・4,160円(サシェ・ハーブティー付き)

・EMILE カルチャー&マルチスペース

 

お申込みは…088-637-0241

      またはinfo@emile.jp まで

 

 

 

 

蒸留POP2

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2017.09.12 Tuesday 18:06

雨のにおい

早朝の雨音で目覚めました。

 

時々”雨のにおい”という言葉を耳にします。

学校のグラウンドの色を変える雨のにおい

山道でふいに降る雨のにおい

 

この匂い、ちゃんと名前があるそうです。

 

雨の降りはじめのにおいは

「ペトリコール(Petrichor)」

 

ギリシャ語の岩(ペトラ)と神様の血潮(イコル)に由来し、石のエッセンスという意味らしいです。hee〜

土の中の油分が揮発した香り。

 

 

雨が降った後のにおいは

「ジオスミン(geosmin)」

 

大地(ジオ)と匂い(スメル)の合わさった言葉。

土のなかの細菌の香り。

 

雨水と一緒に蒸発たり、地表に出てきたりしたものが私たちの嗅覚に届き、あの”雨のにおい”になります。

 

実際はこれらが混ざったうえ、植物の香りやコンクリートなど人工物の香りも一緒になり、ひとそれぞれで感じ方も違うかもしれません。が、なにより 誰もがちょっと気になるこの香りの正体を探った人がいる。ということが何だか素敵だなと思えます。

 

雨上がり

 

長く咲いてるジャスミンももう終わり。

落ちた花はピンク色に変化する。

自然は不思議だらけ。

 

 

 

 

( 9/13 追記 以下の講座はお申込み終了いたしました。  )

 

***おしらせ*** 

 

「暮らしに寄り添うハーブ講座」

 

キャンセル待ち→満席から再び1席空きました。

 

ピクルス作り(おひとり1瓶持ち帰り)と試食とプラス1品。

季節のハーブティー付きの会です。

 

ご一緒に楽しみませんか?

間際につき、メールFBメッセンジャーにてお申し込み受付しております。

 

詳しくはこちら→クリック☆

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします

 

 

 

  • - | - |

2017.09.08 Friday 22:25

太陽フレアの影響

太陽の表面で起こる爆発現象「太陽フレア」

いつもボコボコと爆発しているようですが、今回話題になったのはその規模の大きさからのようですね。

爆風に乗って飛んでくる磁気や素粒子の勢いと数が大規模だと、地球への影響も大きいのだとか。

 

主に心配されるのは、通信障害だそう。

大きな被害がなくて幸いでした。

 

身体への影響に関してもいろいろな情報が流れていますが

それを防いでくれているのが、「大気」。

 

1億5000万 キロ離れたところから届けられる太陽の熱と光

水と植物の活動で生まれた大気は人を様々なものから守ってくれています。

 

大事にしたいですね。

 

上勝

 

山の空気は出来たてほやほや

 

 

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2017.09.05 Tuesday 17:54

キャンセルが出ました

空が秋らしくなりました。

 

秋らしい空ってどんな?と言われると難しいのですが。。。

 

 

 

さてさて、月1回の坂出ハーブ講座、満席のお知らせをいただいておりましたが、

9/13の講座に1席キャンセルが出たそうです。

酸味と甘みとハーブの風味、作り置きのできるピクルスは、お弁当に箸やすめに、ちょっとあると重宝します。

ハーブの良さを活かしたレシピをご紹介します。

 

残り2回となったI'm Garden様での講座。

ご都合つく方がいらっしゃいましたら、お待ちいたしております。

 

 

「暮らしに寄り添うハーブ講座」

 

・日程 毎月第2水曜日 10:00〜11:30

 

  9/13 季節の野菜のピクルス作り

     

 10/11 シルクソックスのハーブ染め(満席)

 

・参加費 ¥3,500/ 1回

 

・場  所  I’m Garden

    (香川県坂出市青海町692-3)

 

・お申込み方法
 
Tel : 0877-47-1161 (日・休み)

 

 

 

Im Garden

 

 

 

 

 

 

 

おしらせ・現在募集中のレッスン他は information から。

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

  • - | - |

2017.09.01 Friday 18:18

9月1日

 

今日は 9月1日

学校行きたくないなら「図書館においで」「動物園にいらっしゃい」…

そんな言葉が聞かれる日。

 

いろんな選択肢があることに気がつくことができるといいなと思います。

 

 

 

アロマテラピーをはじめてしばらくたった頃。

それまで香りの選び方などの相談メールをいただいていた学生さんから、

「バスに乗れない」という内容が送られてきました。

 

「学校は楽しいのだけれど、たくさんの学生が一度に乗るバス。

頑張ってみたけれど、その空間がどうしてもダメ。」

 

香りを身につける方法をあれこれお話して、考えて少して彼女に似合うようなペンダントを作りました。

ペンダントを付けて、香りで自分を守り、バスに乗れるようになり

彼女は無事大学を卒業されました。

 

香りはちゃんと彼女の役に立つことができた。

アロマテラピー(芳香療法)が形となって実感できた

やっててよかったと思えた出来事のひとつです。

 

 

 

 

 

アロマテラピーは、とても身近になって楽しむ方も多くなりました。

本でもネットでもたくさん紹介されています。

2本3本と精油をお持ちの方も。

どんなふうに使われていますか?

 

誰ともはなしたくない時、たくさんの言葉も届かない時

そんな時も香りは、伝わります。

 

自分のケアはもちろん、家族のケアにも役立ってくれます。

 

「アロマもあるよ。」と言いたい日でした。

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

 


 

  • - | - |

2017.08.31 Thursday 07:04

いちじく

今年もいちじくの季節がやってきました。

 

食べることが好きで、好きなもの多すぎて何が好物かわからない感じなので、

今日はいちじくはが好物だというと、「え?○○じゃないの?」と言われました。

 

好物を言うのは、やめようかと思っています(笑)

 

 

いちじく

 

いちじくは、歴史が古く不老不死の果物と呼ばれていたほど、今も人気の高い果物

女性にうれしい植物性エストロゲンが含まれていることでも有名ですね。

 

本来ホルモンは、人の身体から出るもの。

なので、植物から得られる作用は「ホルモン様(よう)作用」と呼ばれます。

 

他にも植物が持つ植物性ホルモンが、人のホルモンとよく似た構造で似た働きをするものは、けっこうたくさんあります。

「妊娠中の使用に注意してください」などと書かれていたりするものは、人が自らの身体から出すホルモンでバランスを保っているデリケートな時期に、こういったホルモン様作用が働いてしまわないようにという意味。

アロマやハーブの講座でも質問が多いですし、気になりますよね。

 

 

食べ物以外でも、日常の生活では問題にならなくても、妊娠中は気持ちが身体にも作用しやすいといわれている時。

何事も、気になるならわざわざ選ぶ必要はないし、他のもので代用できるものを探したり、工夫したりするのもまた楽しかったりするもの。

 

ゆったりした気持ち、安心できるって大事。

 

妊娠中の体重制限も一時に比べ少し緩めに(多めに)なったと聞きました。

どーんと増加なると大変ですが、そろそろ秋の味覚が出揃う頃。

旬のものは安くて美味しい。

お財布にも身体にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

***********************************************************

 

メディカルハーブ検定講座 

日程調整中のおしらせ♪

 

**********************************************************

来春3月開催の検定に向けた講座の日程を調整中です。

従来の日曜に追加し、平日の開催を予定(どちらも徳島市内)

現在 水・木曜日を除く午前中が候補です。

ご希望の曜日や時間があれば遠慮なくお聞かせくださいね(゜v ゜)

 

受講のお申込み・お問い合わせも同時受付中!

15種のハーブを実習をふまえ安全に楽しく楽しむための講座です。

検定合格後、所定の手続きと教室開催の受講で

「JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター」の資格が取得できます。

(受験は希望者のみで受講のみの参加もOK)詳しくはHPにて☆

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

 

  • - | - |

2017.08.30 Wednesday 23:50

メランコリア

夕方の風が少しだけ涼しくなった…気がしますがどうでしょう。

 

 

少しまとめたいことがあり調べていたのですが、アルチンボルトについてまとめていた時に、見たことのある名前もみつけ、またまた脱線^^;

 

アルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer, 1471 - 1528)

ドイツのルネサンス期の画家、版画家、 数学者。

 

その代表作のひとつがこちら

 

デューラー

 

ひじをついて難しい顔をしています。

羽が生えているので、天使なんですね。

 

題名は「メランコリア機

 

通常は憂鬱質と訳されますが、細かく見ていくと

Melencolia  メラ=黒、コリア=胆汁

 

体液病理説の四気質のうちのひとつ黒胆汁。

気持ちに関しては、心配性・内気・慎重・消極的・不安定な内向性などがキーワードにあげられます。

 

絵画の中などに抽象的な事柄をこんな風に具体化する表現技法を、

アレゴリーAllegory)寓意(ぐうい)的というのだそうです。

 

政治や宗教など、不満や意見を直接言いづらい時代には、こんな風に絵画などの芸術で表現したそう。

 

言わんとすることを、じっくり見て耳をすまし、受け取ったり気づいたり。

 

芸術の秋、そのままをワー!と感じることばかりで、早とちりしてあたふたすることもある私には、こういう絵をみたり、背景の解説を読んでよく考えたり慮ったりすることも必要かも。

 

 

積読になっていたけれどやっと半分

「占星術の文化誌」鏡リュウジ著(原書房)

 

面白いです。

 

 

  • - | - |

2017.08.29 Tuesday 09:22

四つの分類

季節、色、味、香り…

世の中には、いろいろなものが分類されています。

 

アロマテラピーでいうと、香りの系統別、成分別、ノート別、身体や心への働き別 といったところ。

 

分けるのが難しかったり、分けなくてもいいと思えるものも、あえて分けていたりするものもあるけれど、

区別すると、整理することができるのと同時にどこか安心するからでしょうか。

 

 

 

絵画でも四季別に表現しているものはいくつかありますが、そのなかでも ジュゼッテ・アルチンボルト(1527-1593イタリア)

の代表作「四季」や「元素」の連作は、圧倒的で一度見たら忘れないインパクトがあります。

 

芸術には詳しくありませんが作者に触れたのは、古代ギリシャから広まった体液説をはじめとした気質分類と、この連作を対応させて引用していた本にあったのがきっかけです。

 

身体のことを学ぶときに出てくる体液病理説、四元素および四気質理論。

元素の連作「大気」「火」「大地」「水」のなかで例をあげると、多血質は鳥で描かれた「大気」

軽やかなコミニュケーション能力に優れたタイプ 大気と鳥のマッチ 

占星術でも風のエレメント(双子・天秤・水瓶)に分けられるのも、このタイプのようです。

もうひとついうなら植物療法が主の時代、対応するハーブはマジョラムなどがあげられています。

アロマテラピーでは、ネロリやパルマローザなど

 

大気

 

アルチンボルトは、イタリアから東ヨーロッパに移り、宮廷画家としてこれらの作品を書き上げたそうです。

先に活躍しドイツ絵画史上の最高峰といわれるデューラーの影響も受けているといわれるけれど、大きく違う点はそこにクスっと笑える面白さがあるところ。

 

特に四季は、皇帝を含め位の高い方の肖像画だそうで、そこに鼻に木だのナスだのをもってくる。

けれど、それを用いる意味と、ガレノス時代からルネサンスまでの人体観・宇宙観をあわせる力。

博学であるため、自然科学に深い関心を持った皇帝の要望を汲むことができる。

技量才能をもちあわせたうえで、敬意を払った嫌味にとられないウィットに富み懐に入るのが上手い。

 

そのあたりはイタリア人っぽいのかなと勝手に想像します。

絵画以外にも宮廷や衣装のデザイン、舞台演出や噴水の設計などもしたそう。多才ですね!

 

絵画や芸術の見方、感じ方はいろいろですが、純粋に緻密で繊細な寄せ絵としての面白さは勿論のこと、体液病理説や星のエレメントに興味のある人は、ひとつの視点としてこういう見方も興味深いかもしれません。

 

 

アルチンボルト

アルチンボルト展。9月24日まで

お出かけされる予定がある方は、ぜひ。

http://arcimboldo2017.jp/

 

 

  • - | - |

2017.08.23 Wednesday 23:41

ヤル気と肯定感

高齢者通所施設での学習療法と回想法の見学会に参加させていただきました。

 

認知症の重症化を予防することに重点を置いた、二つのプログラム

 

 

学習療法の、出来たという達成感とやる気をつなげる仕組みは、さすがのプログラム。

 

よく実践されているものとの違いは、その方法と「記録と評価」こそが確かな効果につながることでしょうか。

 

明確な評価基準があることで、進め具合以外にも利点が多いように思いました。

 

回想法は、記憶や思いをたどるだけでなく、それを引き出す力の重要性、まさしく力量のようなものを感じました。

 

 

 

今の仕事の原点にある高齢者や介護、認知症というキーワードにはやっぱり自然と目がいくもので。

今回偶然FBで目につきプログラム自体に興味があったものの、参加させていただいて一番感じたのは、バランス。

 

”同じ方向を見て、共通の認識の確認”の積み重ねですすめられているというだけあって、メリハリがありつつバランスのとれた安心感のあるケア。

 

そして、改めて勉強になったのは、優れたプログラムも、熱い気持ちも、どちらもそれだけでは成り立たないということ。

 

何にしてもやっぱり人は基本だけれど、その人が効率かつ効果的に動き、その場がうまく機能していくにはプラス熟慮された計画や目標とシステムが大事。

 

色んな事に共通することかもしれないなと。

 

 

 

利用者さんがいらっしゃる時間帯の実際のサービス提供中での公開、貴重な体験をさせていただいたうえ、高知県産のお米と出汁にこだわったお食事もごちそうになりました。

 

メニューには、こちらで栽培されたキュウリの酢の物やスイカも使われていました。

とてもおいしかったです♪

酢のものの酢に、何か(スダチ?)が入っていたのだけど、聞きそびれてしまったな〜。

 

 

 

学習療法

 

今回見学させていただいたのは

認知症対応型デイサービス デイサービス然 さま

ご本人・ご家族はもちろん同業者の方の見学・体験も快く受けてくださるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.08.20 Sunday 21:47

なんとなくを形に

最近の子供たちって、ほんとうに忙しい!

 

プールから戻り、生ぬるーいスイカを食べてぼーっとしてたら、うたたねしてしまって、

ふと目覚めたときの薄暗い風景

今 夜?昼?(汗)なんてのんびりしてた自分の子供時代を分けてあげたいです。

 

学年もあがるにつれ忙しさも増すようで、高校生に夏休みはないそう。

そんななか、一緒になって勉強されてるお母さんから、LINEが届きました。

 

検定テキスト

 

検定までの日が少なくなるにつれて、不安もあるようですが、いつもどおりの力が出せれば大丈夫。

夏の疲れが溜まってくる頃なので、体調管理だけは充分なさってくださいね。

 

 

 

Herb&Aroma teku-tekuの資格取得レッスンの対象となっている

メディカルハーブ検定とは

 

「ハーブを日常生活に生かして楽しむ」をコンセプトにした検定です。合格後、所定の講習を受講することでハーブを楽しむために必要な最低限の知識として、安全性や有用性、様々な使い方を理解し、広めることができる日本メディカルハーブ協会認定の「メディカルハーブコーディネーター」の資格が得られます。

 

講座は、資格という形にしてお仕事に役立てたいという方はもちろん、資格取得を目的としない方も、植物、お茶…というなんとなくのハーブの世界を、働きやそれぞれの個性、活用方法のいろいろを系統だてて学ぶことで「より楽しみの幅が広がった」「もっと日常に使っていきたい」という感想が多い講座です。

約15種のハーブについて、試飲や実習を交えての充実した内容で、受講後は皆さんよりハーブを身近なものとして安全に楽しみ、また役立てていらっしゃいます。

 

 

 

現在、来春3月の検定にむけ、講座日程の調節を行っています。

従来の日曜に追加し、平日の開催を予定です。(どちらも徳島市内)

まだまだ調整中なので、ご希望の曜日や時間があればお聞かせくださいませ(゜v ゜)

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

<<new | 2 / 51pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.